free web hit counter

 

Blog



 
可を見て進み、かたきを知りて退しりぞ
ー見可而進、知難而退ー    呉子 料敵第二
(呉子:一巻。撰者は不明。「孫子」とならぶ兵法書。)

 

{原文}
有不占而避之者六。
一曰、土地廣大、人民富衆。
二曰、上愛其下、惠施流布。
三曰、賞信刑察、發必得時。
四曰、陳功居列、任賢使能。
五曰、師徒之衆、兵甲之精。
六曰、四鄰之助、大國之援。
凡此不如敵人、避之勿疑。
所謂見可而進、知難而退也。

 

{書き下し分}
占(うらな)わずしてこれを避くるもの六つあり。
一に曰く、土地広大にして人民富衆なる。
二に曰く、上そのを愛して恵施流布(けいしるふ)せる。

三に曰く、賞は信、刑は察、発すること必ず時を得たる。
四に曰く、功を陳(の)べ列に居り、賢を任じ能を使える。
五に曰く、師徒これ衆(おお)くして兵甲の精なる。
六に曰く、四鄰(しりん)の助け、大国の援(たす)けある。
およそこれ敵人に如(し)かずんば、これを避けて疑うことなかれ。
いわゆる可なるを見て進み、難(かた)きを知りて退くなり。

呉子 料敵第二

{意解}
「呉子」は「孫呉の兵法」と伝えられるように、「孫子」と並ぶ兵法書の古典である。

これは「呉子 料敵第二」の一文です。
占うまでも無く、
この六つの条件を備えた国とは戦は避けるべきであるという。

一 領土が広大で、国民が富んでいる。
二 上の者が下の者を愛しみ、恩恵が行き届いている。
三 信賞必罰が時宜を得ている。
四 賢者が任用され、有能な者が登用されている。
五 軍勢は多く、精鋭な武具が備えられている。
六 隣国に助けられ、大国の支援を得ている。

 この条件を備えている国と自国情勢を比較して
「有利と見たら進み、不利と見たら退く」
ということである。

 平凡な思考ではあるが、このような合理的且つ柔軟な思考を
得意としている人は少ないだろう。

勝算も無いのに闇雲に突き進むことが勇気があるとみなしたり、
撤退することを臆病と罵ったりする人々はたしかにいる。

 しかし、「可なるを見て進み、難(かた)きを知りて退く」ことを
知っている人こそ、

じつは勇気を持ち合わせている人物なのだろう。

そして如何なる時も冷静、沈着な判断力が
必要とされることを心に留めておきたい。

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

土地活用!無料提案

Amazon.co.jp

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools