Blog




 
世に伯楽あり、然る後に千里の馬あり
ー世有伯楽、然後有千里馬ー    文章規範 韓愈の雑説
(文章規範:七巻。宋の謝枋得(しゃぼうとく)の編。科挙受験者のために規範となりうる分を集めたもの。
諸葛孔明の「出師(すいし)の表」と陶淵明の「帰去来辞」以外は、唐宋の文を選んでいる。)

 

{原文}
世有伯楽
然後有千里馬

千里馬常有、
伯楽不常有。
故雖有名馬、
秖辱奴隷人之手、
駢死槽櫪之間、
不以千里称也。

 

{書き下し文}
世に伯楽有りて、
然る後に千里の馬有り。

千里の馬は常に有れども、
伯楽は常には有らず。
故に名馬有りと雖(いへど)も、
秖(た)だ奴隷人の手に辱められ、
槽櫪(さうれき)の間に駢死(へんし)して、
千里を以つて称せられざるなり。

世有伯楽

{意解}
世の中には伯楽(馬を見分ける名人)がいてこそ、
1日に千里も走る馬が存在する(伯楽が能力の高い馬を見出すから)。
千里の馬となる素質をもった馬はつねに世の中に存在するが、
伯楽はつねにいるというわけではない。

ゆえに、名馬がいたとしても、(その素質を見抜かれないために)
その馬は使用人の手によって粗末に扱われ、
馬小屋(槽櫪)の中で他の馬と一緒に首を並べて死んでしまい(駢死)、
千里を走るという名声を得ることもできないのだ。

 このように、千里の馬(駿馬・名馬)は伯楽がいてこそ
見出されるのである。

 人も同じことである。
どんなに才能を持ち合わせていても、
それを見出してくれる伯楽に出会わなければ、
その才能を開花させることは 難しい。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools