Blog




 
疑謀は成すなかれ
ー疑謀勿成ー    書経  大禹謨
(書経:二十巻。「尚書」のこと。五経の一つ。堯、舜の伝説時代から夏、
殷を経て、周代に至る間の政治に関する記録。初めは単に「書」といったが、
宋代になって「書経」と呼ばれるようになった。)

 

{原文}
任賢勿貳、
去邪勿疑、
疑謀勿成

 

{書き下し文}
賢に任ずるに貳する勿かれ。
邪を去りて疑う勿かれ。

疑謀は成すなかれ。

疑謀勿成

{意解}
賢者を任用しながら、他の雑音に惑ってはいけない。
邪悪な人をしりぞける場合には、疑うことなく断乎として実行し、ためらってはいけない。
計画に少しでも疑問があるならば実行してはならない。
と訳せる。

 この人ならと、一度決めてその部署を任せたならば、迷ってはいけない。
群雄割拠の戦国時代に於いては、国の存亡に直結することが殆どだろう。

善くないと判断したら、躊躇わず実行する。
 そして、計画に少しでも疑問、不安があるならば、
疑問点を解明し、不安を取り除き、
万全であると見極めてから実行に移せといっている。

 客観的にみれば、当たり前と思われる。が
時としてこの事が忘れられているようである。
時に迫られて見切り発車すること等がよい例だ、
「事上に合わせて対処する」では善い結果を生むことは難しいだろう。
焦らないことである。疑問や不安を抱えての行動よりも、
時をずらしてでも、疑問、不安を取り除いてからの方が、
勝率、成功率が上がるというものである。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools