Blog




 
小利を顧みるは則ち大利の残なり
ー顧小利則大利之残也ー    韓非子 十過
(韓非子:二十五巻五十五篇。戦国時代の韓非の撰。先秦時代の法家の学を集大成し、
それに韓非の考えを加えたもの。はじめ「韓子」と称したが、
宋以後、唐の韓愈と区別するため「非」の字を加えたもの。)

 

{原文}
十過
一曰、行小忠則大忠之賊也。
二曰、顧小利則大利之残也。
三曰、行僻自用,無礼諸侯,則亡身之至也。
四曰、不務聴治而好五音,則窮身之事也。
五曰、貪愎喜利則滅国殺身之本也。
六曰、耽於女楽,不顧国政,則亡国之禍也。
七曰、離内遠遊而忽於諫士,則危身之道也。
八曰、過而不聴於忠臣,而独行其意,則滅高名為人笑之始也。
九曰、内不量力,外恃諸侯,則削国之患也。
十曰、国小無礼,不用諫臣,則絶世之勢也。

{書き下し文}
十過
一に曰く、小忠を行うは則ち大忠の賊(ぞく)なり。
二に曰く、小利を顧(かえり)みるは則ち大利の残(ざん)なり。
三に曰く、行僻(こうへき)にして自ら用い、諸侯に礼なきは則ち亡身の至りなり。
四に曰く、治を聴くに務めずして五音を好むは則ち窮身(きゅうしん)の事なり。
五に曰く、貪愎(たんぷく)にして利を喜ぶは則ち滅国殺身のなり。
六に曰く、女楽(じょがく)耽(ふけ)り、国政を顧みざるは則ち亡国の禍(か)なり。
七に曰く、離内遠遊して諫士(かんし)忽(ゆるが)せにするは則ち危身の道なり。
八に曰く、過(あやま)つも忠臣に聴かずして、りその意を行うは
則ち滅高名為人笑の始めなり。

九に曰く、内は力を量(はか)らず、外は諸侯をむは則ち削国の患(かん)なり。
十に曰く、国小無礼にして諫臣(かんしん)を用いざるは則ち絶世の勢なり。

十過

{意解}
「小利をみるは則ち大利の残(ざん)なり。」は「韓非子 十過」の内の一つなので、
「十過」を紹介します。

一、小さな忠義を行うのは大きな忠義にとっては害となる。
二、小さな利益(目先の利益)にこだわると大きな利益を損なう。
三、行動が普通ではなく独りよがりで諸侯に無礼なのは、その身を亡ぼす原因となる。
四、政治に務めず音楽などに熱中するのは、身を困窮させる原因となる。
五、欲深く利益ばかりを追求するのは、国を滅ぼし身を滅ぼす本となる。
六、女や歌舞に耽り国政を顧みないのは、国を亡ぼす禍となる。
七、国許を離れて国外に遊び臣下の諫言を蔑ろにするのは、身を危うくする道理となる。
八、過ちを犯しても忠臣の意見に耳を傾けず自分の独断を押し通すのは、
名声を失い世の笑い者になる始めとなる。
九、自国の国力を認識せず、外国の力に頼るのは、国を削られてしまう害悪となる。
十、国力が弱小なのに無礼で諫言に耳を貸さないのは、
己の世を絶ってしまう原因となる。

 客観的に視れば、容易にこの「十過」に納得、同意されるだろうが、
いざその立場に自分が置かれると、同じような過ちを犯してしまいがちである。
それが人の弱さなのかもしれない。

 私たちは日々の言動に於いて、大なり小なり、選択(決断)をしている。
その折々に思い出し、より善い判断(選択)ができるように、
私も貴方もありたいですね。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools