Blog




 
険を行って以って幸を徼む
ー行険以徼幸ー    中庸 第十四章
(中庸:もと「礼記」中の一篇であったが、後に四書の一つに数えられた。
孔子の孫の子思の撰と伝えられている。)

 

{原文}
在上位不陵下、
在下位不援上、
正己而不求於人、則無怨。
上不怨天。下不尤人。
故君子居易以俟命。
小人行険以徼幸。
子曰、射有似乎君子。
失諸正鵠、反求諸其身。

 

{書き下し文}
上位に在っては下(しも)を陵(しの)がず、
下位に在っては上を援(ひ)かず、
己を正しくして人に求めざれば則ち怨みなし。
上(かみ)天を怨みず、下人を尤(とが)めず。
故に君子は易(い)に居(い)て以って命を俟(ま)つ。
小人は険(けん)を行(おこ)って以(も)って幸(こう)を徼(もと)む。
子曰く、射(しゃ)は君子に似たるあり、
諸(これ)を正鵠(せいこく)に失いて、諸をその身に反求(はんきゅう)すと。

行険以徼幸

{意解}
自分が上位にある時は下の者を陵(しの)いで虐待することがなく、

下位にある時は上の者に媚びて出世を求めることがなく、
我が身を正しくして他人に求めることがなければ怨みもなくなる。
上は天を恨む気持ちがなく、下は他人を咎める心がない。
そのため、君子は安楽な境地にあって、天命を待って甘んじて受け容れることができる。
小人は危険な行為を行ってでも、世俗的な幸福を得ようと願っている。
孔子曰く、弓を射るのは君子に似たところがある。
矢が的を外してしまった時には、
何が悪かったのかと自分の射ち方について反省するのである。

 人は、ややもすると希望的、楽観的思考に走り
険を行って以って幸を徼(もと)む」になりがちである。
射術における反省と君子の自省とを例にとり、警鐘している。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools