Blog

jinnsei2 ookiku1


曲(きょく)なれば則(すなわ)ち全(まつた)し

ー曲則全ー   老子
(老子:二巻八十一章。道家の祖、老耽の選と伝えられるが、老耽が実在したか否かは明らかではない。人為、虚飾を去って、無為自然でありべきことを説いている。別名「道徳経」。)

 

{原文}
曲則全

 

{書き下し文}
曲(きょく)なれば則(すなわ)ち全(まつた)し 曲全

 

{意解}  
略して「曲全(きょくぜん)」。
「老子」の哲学を端的に語る言葉の一つ
直線的な生き方よりも 曲線的な生き方を良しとし
先頭よりも 後からついていく生き方好む。
そのほうが危険が避けられ より安全に生きることができる と説く。  

 けっして「曲全」は逃避主義ということではなく

弱者が自らの弱点を理解して
粘り強く 起死回生を図ろうとする方策である。

「屈しているから伸びることができる

窪んでいるからこそ 水を満たすことができる」
とも 「老子」は語っている。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools