free web hit counter

 

Blog

jinnsei2 ookiku1


きょくなればすなわまつた

ー曲則全ー  老子 第二十二章
(老子:二巻八十一章。道家の祖、老耽の選と伝えられるが、老耽が実在したか否かは明らかではない。人為、虚飾を去って、無為自然でありべきことを説いている。別名「道徳経」。)

 

{原文}
曲則全、枉則直、
窪則盈、敝則新。
少則得、多則惑。
是以聖人抱一、爲天下式。
不自見故明、不自是故彰。
不自伐故有功、不自矜故長。
夫唯不爭、故天下莫能與之爭。
古之所謂曲則全者、豈虚言哉。
誠全而歸之。

 

{書き下し文}
曲(きょく)なれば則(すなわ)ち全(まつた)し、枉(ま)がれば即ち直(なお)し、
窪(くぼ)めば即ち盈(み)ち、敝(やぶ)るれば即ち新たなり。
少なければ即ち得られ、多なれば即ち惑う。
ここを以(も)って聖人は一(いつ)を抱きて、天下の式(のり)と為る。
自ら見(あらわ)さず、故(ゆえ)に明らか、自ら是(よし)とせず、故に彰(あら)わる。
自ら伐(ほこ)らず、故に功あり、自ら矜(ほこ)らず、故に長(ひさ)し。
それ唯(た)だ争わず、故に天下も能(よ)くこれと争う莫(な)し。
古(いにし)えの謂(い)わゆる曲なれば即ち全しとは、豈(あ)に虚言(きょげん)ならんや。
誠(まこと)に全くしてこれを帰す。

 

{意解}
略して「曲全(きょくぜん)」。

「老子」の哲学を端的に語る言葉の一つ
直線的な生き方よりも 曲線的な生き方を良しとし
先頭よりも 後からついていく生き方好む。
そのほうが危険が避けられ より安全に生きることができる と説く。  

けっして「曲全」は逃避主義ということではなく

弱者が自らの弱点を理解して
粘り強く 起死回生を図ろうとする方策である。

「屈しているから伸びることができる

窪んでいるからこそ 水を満たすことができる」
とも 「老子」は語っている。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

土地活用!無料提案

Amazon.co.jp

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools