free web hit counter

 

Blog




 
一年の計は元旦にあり
『月令広義』歳令「四計」 馮應京

「一年の計は元旦にあり」は
中国の書物「月令広義」にある「四計」の一説の由来が有力である。

{原文}
一日之計在晨     ichinennokei
一年之計在春 
一生之計在勤 
一家之計在身

{書き下し文}
一日の計は晨(あした)にあり、
一年の計は春にあり、
一生の計は勤にあり、
一家の計は身にあり

{意解}
一日は朝の計画で決まり、
一年は年のはじめの計画で決まる。
一生の計画はまじめに勤めることで決まり、
一家の将来は健康で決まる。

 言葉通り、一年間の目標や計画は、元旦に決めるのが良いということ。
元旦の「旦」は日の部分が太陽、下の横棒は地平線を意味する。
つまり、地平線から日が昇ったところ、
日の出や朝という意味になる。

初めの計画が曖昧だと物事が上手くいかないという意味の諺にもなっている。     
「物事を始めるにあたっては、
最初にきちんとした計画を立てるのが大切だということ」である。

       
           
貴方にとって、善い一年になりますように!
 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

異変を感じたらすぐ対策を!

アフィリエイトフレンズ

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools