free web hit counter

 

Blog



 
遠水えんすい近火きんかすくわず
ー遠水不救近火也ー    韓非子 説林
(韓非子:二十五巻五十五篇。戦国時代の韓非の撰。先秦時代の法家の学を集大成し、
それに韓非の考えを加えたもの。はじめ「韓子」と称したが、
宋以後、唐の韓愈と区別するため「非」の字を加えたもの。)

 

{原文}
犁鉏曰、

假人於越而救溺子、
越人雖善遊、子必不生矣。
失火而取水於海、
海水雖多、火必不滅矣。
遠水不救近火也。
今晉與荊雖強、而齊近。
魯患其不救乎。

 

{書き下し文}
犁鉏(りしょ)曰く、

人を越より仮りて溺子を救わむとせば、
越人と善く遊ぐと雖へども、子は必ず生きざらむ。
火を失して水を海より取らば、
海水多しと雖へども、火は必ず滅(き)へざらむ。
遠水は近火(きんか)を救わず。
今、晋と荊とは強しと雖へども、而も斉は近し。
魯の患其れ救われざらんか、と。

遠水不救近火也

{意解}
日本ではよく耳にする「遠くの親戚より近くの他人」と同意で、

遠くにあるものは、急場の役に立たないことのたとえである。
春秋時代、魯国は隣の強国斉より侵略されようとしていた。
 その際、魯国の王は大国(晋と楚)に同盟関係をつくり、
両国の援助に期待しようとした。
その時に、重臣の犁鉏(りしょ)が語った言葉である。

犁鉏が言う

「(遠くにいる)越人の手を借りて、溺れた子どもを救おうとしたとします。
その越人がどんなに泳ぎが得意でも、その子どもが助かることはないでしょう。
失火した時、海からわざわざ水を持ってこようと考え、
実際に海水がどんなにたくさんあったとしても、火を消せることはできないでしょう。
遠くにいくら水があっても、近くの火事を消すことはできないのです。
今、(子どもを仕えさせようとしている)晋と荊(楚)は強国であったとしても、
(魯とは遠く離れているので)隣国の斉から、いざ攻めこまれた際には、
魯の助けにはならないでしょう。」と。

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

 

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

異変を感じたらすぐ対策を!

アフィリエイトフレンズ

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools