free web hit counter

 

Blog

Pocket



 

始めは処女しょじょごとく、後には脱兎だっとごと

 ー始如処女、後如脱兎ー    孫子 九地
(孫子:一巻。中国春秋時代の思想家孫武の作とされる兵法書。
後に武経七書の一つに数えられている。 古今東西の兵法書のうち
最も著名なものの一つである。)

 
{原文}
始如処女、
敵人開戸、
後如脱兎、
敵不及拒。

 

{書き下し文}
始めは処女の如く、
敵人戸を開くや、
後は脱兎の如く、
敵は拒ぐに及ばず。

脱兎

{意解}
初めのうち、処女のように振舞って油断を誘い、
敵が(油断して)門戸を開けば、
それからは、逃げる兔のような勢いで攻撃すれば、
敵はもう防ぐことはできない。」
と訳せる。

 これは攻めと守りについて説いた一つの方法である。
守りの状態であれば、軽率な言動を自重し守りに徹し、
攻めに転ずれば、一気に攻撃し たたみかけよ、と云っている。

但し、ただ何もしないで待つのではなく、
攻撃に転ずる時に備えて、着々と準備を進めるのである。

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9,151人の購読者に加わりましょう

ライター・編集者の募集 ☆月30万円稼ぐことも可能!

アフィリエイトフレンズ

最近の投稿

アクセス解析