Blog




 

始めは処女の如く、後には脱兎の如し
ー始如処女、後如脱兎ー    孫子 九地
(孫子:一巻。中国春秋時代の思想家孫武の作とされる兵法書。
後に武経七書の一つに数えられている。 古今東西の兵法書のうち
最も著名なものの一つである。)

 
{原文}
始如処女、
敵人開戸、
後如脱兎、
敵不及拒。

 

{書き下し文}
始めは処女の如く、
敵人戸を開くや、
後は脱兎の如く、
敵は拒ぐに及ばず。

脱兎

{意解}
初めのうち、処女のように振舞って油断を誘い、
敵が(油断して)門戸を開けば、
それからは、逃げる兔のような勢いで攻撃すれば、
敵はもう防ぐことはできない。」
と訳せる。

 これは攻めと守りについて説いた一つの方法である。
守りの状態であれば、軽率な言動を自重し守りに徹し、
攻めに転ずれば、一気に攻撃し たたみかけよ、と云っている。

但し、ただ何もしないで待つのではなく、
攻撃に転ずる時に備えて、着々と準備を進めるのである。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools