Blog




 
時務を識る者は俊傑に在り
ー識時務者在為俊傑ー    十八史略 巻三東漢
(十八史略:七巻。元の曾先之の撰。十八史略とは、十八史の要略の意で、
太古から南宋までの四千年間の史実を簡略に記し、初学者の課本に供したもの。)

 

{原文}
琅邪諸葛亮、寓居襄陽隆中。毎自比管仲・楽毅。
備、訪士於司馬徽。
徽曰、識時務者在俊傑
此間自有伏龍・鳳雛。
諸葛孔明・龐士元也。
徐庶亦謂備曰、諸葛孔明臥龍也。
三往乃得見亮、問策。
亮曰、操擁百萬之衆、挟天子令諸侯。
此誠不可興争鉾。
孫権據有江東、國険而民附。
可興為援、而不可圖。
荊州用武之國、益州険塞、沃野千里。天府之土。
若誇有荊・益、保其巌阻、
荊州之軍向苑・洛、
益州之衆出秦川、誰不箪食壺漿、
以迎将軍呼。
備曰、善。
興亮情好日密。曰、
孤之有孔明、猶魚之水也

{書き下し文}
琅邪(ろうや)の諸葛亮、襄陽の隆中に寓居(ぐうきょ)す。
毎(つね)に自ら管仲・楽毅に比す。

備、士を司馬徽(しばき)に訪(と)ふ。
徽曰く、時務(じむ)を識(し)る者は俊傑(しゅんけつ)に在(あ)り。
此の間自ら伏龍・鳳雛有り。
諸葛孔明・龐士元(ほうしげん)なり、と。
徐庶(じょしょ)も亦た備に謂ひて曰く、諸葛孔明は臥龍なり、と。
三たび往いて乃ち亮を見まみえるを得、策を問ふ。
亮曰く、操、百萬の衆を擁(よう)し、天子を挟みて諸侯に令す。
此れ誠に興に鉾(ほこ)を争う可からず。
孫権、江東に據有し、國険にして民附く。
興に援と為す可くして、圖(はか)る可からず。
荊州は武を用ふるの國、益州は険塞、沃野(ようや|肥えた土地)千里。天府の土なり。
若し荊・益を跨有(こゆう|合わせ領有する)し、
其の巌阻(がんそ|けわしい要害の地)を保ち、

天下変有らば、荊州の軍は苑(えん)・洛(らく)に向ひ、
益州の衆は秦川(しんせん)に出でば、誰か箪食壺漿(たんしこしょう|軍隊を歓迎)して、
以って将軍を迎へざらんや、と。
備曰く、善し、と。
亮と情好(じょうこう)日に密なり。
曰く、

孤の孔明有るは、猶魚の水有るがごとし、と。

十八史略 巻三東漢2
{意解}
諸葛亮は琅邪陽都で生まれ、襄陽の隆中で仮住まいの生活を送っていたが、
常に自らを管仲・楽毅に比して、
管仲の如き大経綸と楽毅の如き武略を得んと大志を抱く。

 ある時、劉備は司馬徽を訪ねてこの地方に人物はいないかを問うた。
司馬徽曰く、
この時代の流れを把握し、為すべき事を知っているのは俊傑しかいない。
この地方において俊傑と呼べるのは伏龍・諸葛孔明と
鳳雛・龐士元(ほうしげん)が第一であろう、と。

諸葛亮の親友であった徐庶もまた劉備に教えて云った。
諸葛亮は臥龍、即ちまだ飛び上がっておらぬ龍の如き人物である、と。
そこで劉備は三顧の礼を尽して諸葛亮と会見し、その策を問うた。
諸葛亮曰く、
曹操は軍卒百万、天子を擁して諸侯に号令している。
これとまともに戦ってはいけない。
孫権は江東を領有し、国は険にして民はよく心服している。
これとは手を取り合うべきで、征服することは不可である。
今、将軍が目を向けるべきは
この荊州と険阻(険しい地形)にして豊かで広大な地、益州である。

この二州を領有して時宜を伺い、時を得れば荊州からは宛・洛陽に、
益州からは秦川に出で、天下に覇を唱えることも可能となる。
その時は、箪食壺漿( たんしこしょう|歓迎 )して
将軍を迎えぬ人民はおらぬことでありましょう、と。

劉備曰く、
善し、と。
これより諸葛亮は出廬(しゅつろ|表舞台に出る)し、
劉備はこれを重宝して日に日に親密になっていった。

ある時、劉備は云った。
吾に孔明有るは、魚に水有るが如き(水魚之交)ものである、と。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools