Blog




 

その能を矜れば、その功を喪う
ー矜其能、喪其功ー    書経 説命中(えつめいちゅう) 
(書経:二十巻。「尚書」のこと。五経の一つ。堯、舜の伝説時代から夏、
殷を経て、周代に至る間の政治に関する記録。初めは単に「書」といったが、
宋代になって「書経」と呼ばれるようになった。)

 

{原文}
有其善、喪厥善。
矜其能、喪厥功。
自有其善、則己不加勉而德虧矣。
自矜其能、則人不效力而功隳矣。

 

{書き下し文}
其の善を有りとせば、厥(そ)の善を喪(うしな)う。
其の能を矜(ほこ)れば、厥の功を喪う。
自ら其の善を有りとせば、則ち己勉を加えずして德虧(か)く。
自ら其の能を矜れば、則ち人力を效(いた)さずして功隳(やぶ)る。

能ある鷹は爪を隠す

{意解}
善を持っていると思い上がると、持っている善を失ってしまう。
能(才能・能力)があると思い上がると、能力を失ってしまう。
自分が善を持っていると思い上がると、善に努めなくなるので
持っている善を失ってしまう。

自分に能があると思い上がると、能を磨かないので能力を失ってしまう。

 「能」ー能力・才能。これは人が生きていくうえで有力な武器となる。
これに恵まれた者は、成功する可能性が高く、
リーダーとしての必要な条件の一つである。

 しかし、持っている能力も、これ見よがしにひけらかし、
思い上がると、たちまち周囲の反感を買ってしまう。
最悪、功績も地位も失ってしまう場合も少なくない。

 「能ある鷹は爪を隠す
才能や実力のある者は、
軽々しくそれを見せつけるようなことはしないほうがよいだろう。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools