Blog




 
小忍ばざれば則ち大謀を乱る
ー小不忍則乱大謀ー    論語 衛霊公第十五
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

 

{原文}
子曰、巧言亂徳、
小不忍、則亂大謀。

 

{書き下し文}
子曰わく、巧言(こうげん)は徳を乱る。
小(しょう)、忍(しの)ばざれば、
則(すなわ)ち大謀(たいぼう)を乱る。

韓信2

{意解}
口先だけの言葉は徳を損ねる。
些細な事が我慢できなければ、
大きな事を成し遂げる事はできない。

小さな我慢が出来ないようでは大きな仕事を仕損じる。
大きな目標の前には、ならぬ堪忍もしなければならないということだ。
「成らぬ堪忍するが堪忍」のよい例として引き合いに出されるのが、
韓信(国士無双|史記)の故事である。

 韓信は高祖劉邦に仕えた将軍だが、
若い頃は定職にもつかずにぶらぶらしていた。
そんなある日、ふだんから韓信をバカにしていた与太者が因縁をつけてきた。
「おい、でかい図体に剣をぶらさげやがって、格好だけは一人前だが、
肝っ玉のほうはからきしだろう」
 人だかりがしてくると、与太者は図に乗り、「おい、度胸があるならおれを刺してみろ。
それが怖けりゃ、股をくぐれ」と挑発する。
しかし、韓信は黙って与太者の股をくぐったという。

 韓信の能力をもってすれば、そんな与太者の二人や三人、
とりおさえるのはわけもなかったにちがいない。
だが、こんな小事にかかわってもつまらない、
大事の前の小事と思い直し、あえて股をくぐったという。

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools