free web hit counter

 

Blog



 
遠慮えんりょなければ、必ず近憂きんゆうあり
ー無遠慮、必有近憂ー    論語 衛霊公第十五・十一
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

 

{原文}
無遠慮、
必有近憂。

 

{書き下し文}
遠慮(えんりょ)なければ、
必ず近憂(きんゆう)あり。

無遠慮

{意解}
ここでの「遠慮」は気兼ねではなく、遠きを慮(おもんばか)るである。
ゆえに「遠い先のところまで見通して対策を考えておかないと、
近いところで迷いや誘惑に足をすくわれることになる」の訳になる。

 孔子ならずとも、誰でも気づき口にしそうな言葉であるが、
いざ、その場面に遭うと、気づき実行することは、難しく思える。

「左伝」にも、
「君子は遠慮あり、小人は邇(ちか)きに従う」とある。
目先にとらわれて、右往左往しがちな、私たちである。

では、遠慮とはどの程度先を指しているのか。
人それぞれであるが、将来の目標を持てば、
十年位を視野に入れておくべきだろう。
そうすれば、ある程度の「近憂」を避けることができると思われるが。

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

異変を感じたらすぐ対策を!

アフィリエイトフレンズ

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools