Blog




 

井を掘ること九仞きゅうじんしかいずみおよばざれば、
なお井をつとすなり。
-堀井九仞、而不及泉、猶爲棄井也。-    孟子 盡心章句上 二十九
(孟子(もうし):七編。戦国中期の儒家孟軻(もうか)の言行や学説を編集したもの。
性善説や王道論は有名。四書の一つ。)

 

【原文】

孟子曰、
有爲者辟若掘井、
堀井九仞、
而不及泉、
猶爲棄井也。

 

【書き下し文】

孟子曰く、
すること有る者は辟{たと|例}えば井を掘るがし。
井を掘ること九仞なれども、
而も泉に及ばざれば、
なお井を棄つとす、と。

 

井を掘る

 

【意解】

孟子は、
「なにか一つの事業を行うのは、例えば井戸を掘るようなものだ。
九仞きゅうじんの深さまで掘ったとしても、
水脈に達しないうちにやめてしまったのでは、
井戸を棄てたも同然だ」

始めた仕事は途中で諦めたのではそれまでの努力・苦労が
全て水の泡となってしまう、最後までやり通せと言っている。

しかし、水脈のない場所をどんなに掘っても水は出ない。
そこに水脈が通っているか、確信がもてる程の事前調査が必須である。

あとは信じて、最後までやり抜くだけである。
私たちの人生に於いても、何事も諦めず最後まで貫き通したいものですね。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

 

 

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools