Blog




 

く戦う者は人をいたして人に致されず

-善戦者致人而不致于人-   孫子 虚実篇第六
(孫子:一巻。春秋末期の呉の孫武の撰した兵法書。)

 

【原文】

孫子曰
凡先處戰地
而待敵者佚
后處戰地
而趨戰者勞
善戰者
致人而不致於人

 

【書き下し文】

孫子曰く
凡そ先ず戦地におりて
敵を待つ者はいっし、
遅れて戦地におりて
戦いに赴く者は労す
故に善く戦う者は
人を致して人に致されず。

 

主導権

 

【意解】

「人を致す」とは、こちらが主導権を握る事、
「人に致される」とは、相手に主導権を取られてしまう事。
何事も有利に事を進めることが出来るか否かは、
この主導権を取れるか否かにかかっている。

孫子曰く、先に戦地に行き、敵を待つ者は
心の準備と鋭気も養え、判断力も冴え、
変化する事態に冷静に対処する事が出来る。

故に、戦に巧みな者は先に布陣し、主導権を握り、
状況を先取りして有利な態勢を築き、
敵に思いどうりにさせない。

この思考は人生の生き方、男女関係、事業経営にも参考になる。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools