free web hit counter

 

Blog



賢士けんしの世にるはたとえばきり囊中のうちゅうに処るがごと

ー賢士之処世也譬若錐之処於囊中ー  史記 平原君列伝
【史記:百三十巻。前漢の司馬遷の撰した中国最初の通史。
上古の黄帝から、漢の武帝に至る歴史を紀伝体によって記している。】

 

原文:

平原君曰、夫賢士之處世也、
譬若錐之處囊中、其末立見。
今先生處勝之門下、三年於此矣。
左右未有所稱誦、勝未有所聞、
是先生無所有也。先生不能、先生留。
毛遂曰、臣乃今日請處囊中耳。
使遂蚤得處囊中、乃穎脱而出。
非特其末見而已。平原君竟與毛遂偕。

書き下し文:

平原君へいげんくんわく、けんるや、
たとえばきり嚢中のうちゅうるがごとくすえちどころにあらわる。
いま先生せんせいしょう門下もんかること、ここ三年さんねんなり。
ゆういま称誦しょうしょうするところらず、しょういまところらざるは、
先生せんせいゆうするところきなり。先生せんせいあたわず、先生せんせいとどまれ、と。
毛遂もうすいわく、しんすなわ今日こんにち嚢中のうちゅうらんことをうのみ。
すいをしてはや嚢中のうちゅうるをしめば、すなわ穎脱えいだつしてでん。
だにすえあらわるるのみにあらず、と。平原君へいげんくんつい毛遂もうすいともにす。

 

意解:
有能な人物は、袋の中(囊中)に置かれた錐が切っ先を現わすように、
必ず頭角を現わしてくるという意味。

趙の国の平原君という宰相が重大な使命を帯びて楚の国に使いしたとき、
自分の食客たちの中からこれぞと思われる人物を二十人選んで使節団を編成しょうとした。
すると毛遂という男がみずから名乗り出た。
なにしろ数千も居る食客である。
平原君としては見覚えがない。「貴公ははここに来られて何年になる」
「三年でございます」「有能な人材は、たとえてみれば袋の中に置かれた錐のようなもの。
すぐにでも切っ先を現すであろう。貴公の名など一度も耳にしたことがない。
とうてい頼りになる者とも思われぬ。留まれ、と。」

だが毛遂は引き退らず、粘って一行に加えてもらい、
のちに大いに手腕を発揮し平原君を感服させたという。

平原君の語ることにも一理はあるが、
チャンスを与えてもらえなければ、
切っ先(能力)を現しようがないのも一理ある。

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

 

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools