Blog

jinnsei2 ookiku1


己立(おのれた)たんと欲して人を立て、
己達(おのれたつ)せんと欲して人を達す

ー己欲立而立人、己欲達而達人ー   論語
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

 

{原文}
己欲立而立人、
己欲達而達人

 

{書き下し文}
己立(おのれた)たんと欲して人を立て、
己達(おのれたつ)せんと欲して人を達す

 

220px-Renzijie

 

 

 

 

 

 

{意解}
「自分の名誉を大切に思うなら、 まず他人の名誉を重んずる。
自分が自由でありたければ、 まず他人の自由を重んずる」 と訳せる。
孔子が一番重要視したのが「」である。
しかし、「仁」を「論語」のなかで、 明確に定義しておらず、
相手や、質問に応じて様々な言い方をしている。
これもその一つである。  
孔子の弟子、子貢(しこう)が
「人民を貧窮から救い、生活を安定させてやれば
仁と言えるのではなおでしょうか」 とたずねると
「それはもう仁どころではない、そこまでいけば聖だよ。
堯(ぎょう)・舜(しゅん)のような聖人でさえ、
それを成就できなくて悩んだのだ。
仁はもっと身近にある」 と言い、この言葉をあげたのである。

「仁」とは 人間にとって最も普遍的で包括的

根源的な愛を意味するもの として考えられてきた。
(他人に対する親愛の情、優しさ)
社会人としての基本条件と言える。
儒学を大成した孔子は
君子は仁者でなければならないと説いたのである。  

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4) 論語 (岩波文庫)

  

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools