free web hit counter

 

Blog

 

ともまじわるには、すべからく三分さんぶ俠気きょうきぶべし

ー交友須帯三分俠気ー  菜根譚 前集十五

【菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている】

原文:
交友、須帯三分侠気。
作人、要在一点素心。

書き下し文:
ともまじわるには、すべからく三分さんぶ俠気きょうきぶべし
ひとるには一点いってん素心そしんそんするをようす。

意解:
友人関係を維持するには三分程度相手に合わせる心をもっていなければならず、
人間としては、純粋な心を失わず、流されずに信念をもって生きるべきである。

「俠気」は、男気である。友人同士の付き合いであれば、
相手が困っているならなんとか手助けをしたいと思うもの。
しかし、なぜ「三分}なのか。

「俠気」は昔から中国でも、日本でも、弱きを助け強きをくじく
任侠道の原点とされてきた。
義侠心の強い事は、ややもすると血気にまかせて
コントロールが効かなくなり、暴走する恐れを伴う。

友人との関係にしても、この「俠気・義侠心」を八分、十分も発揮してしまうと、
往々にして、共倒れをしてしまう可能性もでてくる。
「三分」と抑えているのは、其の意味では妥当な数値かもしれない。

*始皇帝を感激させた韓非子 五蠹ごと篇 25にも「俠は武を以って禁を犯す」の一文があるが、
こちらは権力の扱い方を説いた中の一文である。
一部を抜粋:
武力によって禁を犯す、この者に君主が礼遇をあたえることは、世の中を乱す原因となる。
武力に秀でているあまり、法を犯す者を裁かず、君主がとりたて刺客として養っている。
これは世を乱し、政治の荒廃につながる。と苦言を呈している。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです

 

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

異変を感じたらすぐ対策を!

Amazon.co.jp

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools