free web hit counter

 

Blog

 

うらあきらかなるにらんや、えざるをこれはか

ー怨豈在明、不見是図ー  書経 夏書 五子之歌

【書経:二十巻。「尚書」のこと。五経の一つ。堯、舜の伝説時代から夏、
殷を経て、周代に至る間の政治に関する記録。初めは単に「書」といったが、
宋代になって「書経」と呼ばれるようになった】

原文:
皇祖有訓、民可近、不可下、
民惟邦本、本固邦寧。
予視天下、愚夫愚婦、一能勝予、
一人三失、怨豈在明、不見是圖。
予臨兆民、懍乎若朽索之馭六馬、
為人上者、奈何不敬。

書き下し文:
皇祖こうそおしり、たみちかづくく、くだからず、
たみくにもとなり、もとかたければ邦寧くにやすし。
われ天下てんかるに、愚夫愚婦ぐふぐふいつわれまさる、
一人三失いちにんさんしつある、うらあきらかなるにらんや、えざるをこれはかれ、
われ兆民ちょうみんのぞむに、懍乎りんことして朽索きゅうさく六馬りくばぎょするがごとし、
ひとかみたるもの奈何いかんけいせざらん。

 

意解:

夏王朝3 帝太康 五子の歌記事を元にしています。

*奈何(いかん):いかんせん,なんともしようがない
*不敬(ふけい):礼儀にはずれること。
*敬畏(けいい):深く敬う

皇祖には教訓がある。民とは親しまなければならないが、見下してはいけない。
民は国の根本であり、根本がしっかりしていれば、國は大丈夫だ。
予(われ)天下を観察してみると、愚夫愚婦(ぐふぐふ)でも私より勝るところがある
上に立つ者が何回も過失を犯したら、民の怨みは明らかであろう。
恨みや不満が形になる前に、手を打たなければならない。
私が兆民(民衆)に臨む時は、朽(く)ちた索(なわ)で六頭の馬を御す時のように注意を怠らなかった。
人の上にいる者は、敬畏の心を持たなければならない。

訓(おし)えとして、人とは仲良くすべきで、
けっして見下してはいけない。
人は皆自分よりも勝るところを持ち合わせている。
相手に対しては敬意をはらい、尊重する心を持って接するべきである。

何度も過失や失敗を繰り返していれば、不信感が募るのも明らかで、
言動に表れる前に、目に見えない段階でそれを察知し、手を打つべきである。

そのためには、たえず自分の行動を自問自答し、
不満や不信感に繋がりそうな要素を取り除いておくべきで、
災いを未然に防ぐためには、そういう心構えが必要だと言っている。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Amazon.co.jp

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools