free web hit counter

 

Blog

 

壹貴壹賎いつきいつせん交情こうじょうすなわちあらわる

ー壹貴壹賎、交情乃見ー  史記 第十巻

【史記:百三十巻。前漢の司馬遷が撰した、中国最初の通史。
上古の黄帝から、漢の武帝までの歴史を紀伝体で記されている】

原文:
下邽翟公為有言、始翟公為廷尉、賓客填門、
及廃、門外可設雀羅。
翟公復為廷尉、賓客欲往、翟公乃人署其門曰:
「壹死壹生、乃知交情。壹貧壹富、乃知交態。壹貴壹賤、交情乃見。

書き下し文:
下邽かけい翟公てきこう有言ゆうげんす、はじめ翟公てきこう廷尉ていいり、賓客ひんかくもんうずまる、
及廃きゅうはいするや、門外に雀羅じゃくらせつべし。
翟公廷尉てきこうていいふくり、賓客ひんかく欲往ゆうおう翟公てきこうもんしるしていわく、
「壹死壹生、すなわち交情こうじょうり。壹貧壹富、すなわち交態こうたいり。
壹貴壹賤、交情こうじょうすなわちあらわる。」

 

意解:
下邽(かけい:陝西省)の翟公(てきこう)はこう言っている、
はじめ翟公が廷尉(ていい|検事総長)であったとき、
おしかけてきた賓客が門に満ちた。
免職されると、門外に雀羅(じゃくら|かすみあみ)をはりうるほどに人の出入りがなくなった。
ふたたび廷尉になると、また賓客がおしかけようとした。そこで翟公はその門にしるした。

一死一生、すなはち交情を知り
一貧一富、すなはち交際の実態を知り
一貴一賤、交際の真情を知る。

人の付き合いが生死、貧富、貴賤の変化につれて、
ガラリと変わることを皮肉った言葉である。

現代でも同じで、好調なときは人も寄ってくるが、
落ち目になると、人の足も途絶えてしまう。

やるせない気持ちではあるが、それが現実である。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

異変を感じたらすぐ対策を!

Amazon.co.jp

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools