free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

ookiku1


功遂こうと身退みしりぞくはてんみちなり

ー功遂身退、天之道也ー   老子道徳経 下篇
(老子:二巻八十一章。道家の祖。老耽の撰と伝えられるが、
老耽が実在したか否かは明らかではない。
人為、虚飾を去って、無為自然であるべきことを説いている。別名「道徳経」)

{原文}
持而盈之、不如其已。
揣而鋭之、不可長保。
金玉滿堂、莫之能守。
富貴而驕、自遺其咎。
功遂身退、天之道也。

{書き下し文}
してこれをたすは、そのむるにかず。
おしはかりてこれをするどくするは、長く保つべからず。
金玉きんぎょく堂に満つるは、これをく守るし。
富貴にしておごるは、自らそのとがのこす。
功遂こうとげて身の退しりぞくは、天の道なり。

{和訳}
持って、そしてこれをあふれるほどたそうとすることは、
それはやめておくにこしたことはない。
きたえて、そしてこれを鋭くしても、 長く保つことはできない。
金や玉が堂を満たしても これをよく守りとおすことはできない。
富貴にして、おごり高ぶっていると、 自らそのとががのこるだけである。
こうげたなら、身を退く、 (これが)天の道である。

 

{意解}
「史記」の 「四時の序、功を成す者は去る」 と同意である。  
この「老子」書で、取り上げたのは漢の劉邦りゅうほうに仕えた、
張良ちょうりょう(軍師)である。
彼は劉邦に天下取らせるや 「いま、わたしは三寸のしたをもって
帝王の師となり 1万戸の領地を拝領して列候に連なっている。
これで私の役目も終わった。
あとは俗世を捨てて仙界に遊びたい」 と云って政界を引退し
余生を楽しんだという。

 政界、財界、近くは公司こうし(会社)にいても
成し遂げた後の 引き際を知覚ちかく(自覚)することは 非常に難しいが、
心の隅に止めておくべきなのかもしれない。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ライター・編集者の募集 ☆月30万円稼ぐことも可能!

アフィリエイトフレンズ

最近の投稿

アクセス解析