free web hit counter

 

Blog

 

ひとぐるにはすべからく退たいこのものぐべし

ー挙人、須挙好退者ー  宋名臣言行録 巻三

【宋名臣言行録:二十四巻。前集十巻、後集十四巻は南宋の朱熹の撰。
続集八巻、別集二十六巻、外集十七巻は李幼武の補。宋代名臣の言行を集めたもの】

原文:
舉人、須舉好退者
好退則廉謹知恥、
若舉之、忠節愈堅少有敗事。
莫舉奔競者
奔競則能曲事諂媚、
求人知已。
若舉之必矜才好利、
累及舉官、故不少矣。

書き下し文:
ひとぐるには、すべからく退たいこのものぐべし。
退たいこのもの廉謹れんきんにしてはじる、しこれをぐれば
忠節ちゅうせついよいよかたくして敗事はいすことあることすくなからん。
奔競ほんきょうものぐることなかれ
奔競ほんきょうするものは、よくげて諂媚てんびこととし、
ひとおのれらんことをもとむ。
これぐれば、かならさいほこり、このみ、
わずら拳官きょかんおよぶこともとよりすくなからざらん。

*廉謹(れんきん|つつしむ)
*忠節(忠義をかたく守ろうとする気持ち)
*奔競の者(ほんきょうの者|出世を競って奔り廻る者)
*諂媚(てんび|こびへつらう)

 

意解:
宋代の張詠ちょうえいという大臣の語った言葉である。
「退を好む者」とは、欲が少なく、控え目で、出しゃばり過ぎず、
与えられた職責をきちんと果たすので、結局、失敗が少ないのだと言い、
人を推薦する時にはそういうタイプを選んだほうが善いと云っている。

これと反対なのが、「奔競の者」で自ら地位に就こうと狂奔し、
媚び諂い一旦その地位につくと、己の利益のみを考え、
最後は組織を破滅させ、人も駄目にしてしまう。と語録を残している。
これも一つの見識であるかもしれない。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

異変を感じたらすぐ対策を!

アフィリエイトフレンズ

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools