free web hit counter

 

Blog

 

ってがつするものは、窮禍患害きゅうかかんがいせまられて相棄あいす

ー以利合者、迫窮禍患害相棄也ー  莊子 外篇 山木第二十

【荘子:三十三篇。戦国中期の道家荘周とその一門の思想を記したもの。
荘周の撰。外・内・雑編から成り、内編七編以外の大部分は、
後人の仮託になるものといわれている。「南華新経」ともいう】

原文:
以利合者、迫窮禍患害相棄也
以天屬者、迫窮禍患害相收也。
夫相收之與相棄、亦遠矣。
君子之交淡若水
小人之交甘若醴。
君子淡以親、小人甘以絶。
彼無故以合者、則無故以離。

書き下し文:
ってがつするものは、窮禍患害きゅうかかんがいせまられて相棄あいすつ、
てんってぞくするものは、窮禍患害きゅうかかんがいせまられて相収あいおさむ。
相收あいおさむると、相棄あいすつるとは、とおし。
君子くんしまじわりはあわきことみずのごとく、
小人しょうじんまじわりはあまきことれいのごとし。
君子くんしあわくしてってしたしみ、
小人しょうじんあまくしてってつ。
故無ゆえなくしてってものは、
すなわ故無ゆえなくしてってはなる。

 

意解:
「莊子」は 外篇 山木第二十で語っている。
利害関係で結ばれた者は、苦境や困難に直面すると、
たちまち相手を見棄ててしまうのだという。

「天を以って属する者」、則ち、深い信頼関係で結ばれた者同士の場合は、
苦境や困難に陥ると、かえって親身になって助け合うのだといっている。

私達の現状での交友関係では、利害関係で結ばれている場合も少なからずである。
頭で認識していれば、そんな場合に直面した時に、
相手に余計な心理的負担を強いることもないし、
己の精神的な落胆も少なくて済むのかもしれない。

後半は「君子の交わりは淡きこと水の若し」を参照して戴きたい。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

土地活用!無料提案

Amazon.co.jp

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools