free web hit counter

 

Blog

 

ひとともにするにはそなわらんことをもとめず

ー與人不求備ー  書経 商書 伊訓

【書経:二十巻。「尚書」のこと。五経の一つ。堯、舜の伝説時代から夏、
殷を経て、周代に至る間の政治に関する記録。初めは単に「書」といったが、
宋代になって「書経」と呼ばれるようになった】

原文:
居上克明、
為下克忠。
與人不求備
檢身若不及。

書き下し文:
うえりてはあきらかに、
しもりてはちゅうあり。
ひとともにするにはそなわらんことをもとめず、
けんするもおよばざるがごとくす。

 

意解:
上の地位にあっては、手落ちのない正しい政治を行い、
下の地位にいれば君に忠義をつくす。
人と接するときは、相手に完全さを期待してはならない。
身を引き締めてもまだ足りていないことを自覚する。

現実的に、私は完璧な人間にはお会いしたことがない。
私を含めて、完璧でもない人間が相手にだけ完全さを求めても、
反発されるのが、目に見えている。

「備わらんことを求めず」とは、
無い物ねだりをするのではなく、
相手が身につけている能力を引き出して、役立てる。
これもまた人と接するための心得と言えるだろう。

もちろん、自分に備わっていない事を求める精神は必要であろう。
しかし、他人にそれを求めるのは、破綻、不和の元になりかねない。


*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、

自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

土地活用!無料提案

Amazon.co.jp

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools