free web hit counter

 

Blog

 

とく事業じぎょうもとなり

ー徳者事業之基ー  菜根譚 前集157項
【菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている】

原文:
徳者事業之基
未有基不固而棟宇堅久者。
心者後裔之根。
未有根不植而枝葉栄茂者

書き下し文:
とく事業じぎょうもとなり。
いま基固もとかたからずして棟宇とうじ堅久けんきゅうなる者有ものあらず。
こころあるものは、後裔こうえいなり。
いまたずして枝葉えだは栄茂えいもする者有ものあらず。
*棟宇:とうじ|建物
*後裔:こうえい|子孫

 

 

意解:
事業を発展させる基礎になるのは、
経営者其の人の持っている徳だという。
「基礎が固まっていないのに、建物が堅固であったためしはない」
と。付け加えている。
心とは、「」すなわち思いやりの心である。
これがあってこそ周りの支持も得られるのである。
心(仁)は子孫の反映を左右する根本でもある。
根本である根がしっかりと張っていないのに、
幹や葉が立派に成長したことはない。と言っている。

「徳」と「仁」この二つは両輪のような関係にあるが、
なかでも重要なのが徳である。
徳に欠けた人物は、かりに一時は隆盛をきわめても長続きしない。

人の上に立つ人物は、リーダーとしての徳を磨く必要がある。
そうでないと、事業を発展させることができない。
それを語っているのが、この言葉である。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

異変を感じたらすぐ対策を!

アフィリエイトフレンズ

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools