free web hit counter

 

Blog

 

 

めいきわまれば、すなわさつぎてうたがおお

ー明極則過察而多疑ー  近思録 警戒第七

【近思録:十四巻。宋の朱熹・呂祖謙の共著。宋の学者、周廉渓・程明道・
程伊川の著書や語録の中から六百二十二条を選んだ、初学者用のテキスト】

原文:
睽極則咈戻而難合、
剛極則躁暴而不詳、
明極則過察而多疑。

書き下し文:
きわまればすなわ咈戻ふつれいにしてがたく、
ごうきわまればすなわ躁暴そうぼうにしてからず、
めいきわまればすなわさつぎてうたがおおし。

:そむく
ふつ:たがう
咈戻ふつれい:道理が通じない。
*剛極:手強いのが極まり手荒。
躁暴そうぼう:いらだち暴れる
*不詳:訳わからず。

 

意解:
道理は相応ずるものだが、「睽」は背き合うので道理が通じない。
こちらが親切で言っても、相手はそれを聞かない。

「剛」は手強いのが極まれば手荒になる、わけもなく呵り散らす。
上から目線での上司にみうけられる。

「明」は洞察力である。よく「頭が切れる」とか、「切れる人物」と言うが、
あの「切れる」というニュアンスがこの場合の「明」に近いかもしれない。

之は世の中を生きていくうえで必要な条件の一つであるが、
この「明」も研ぎ澄まされ過ぎる(過ぎた察|過察)と、勘ぐりすぎて、
他人の思ってもいない懐を探ったり、疑いばかり深くなるのだという。
「明」には多疑はなく、それは過察(過ぎた察)からのものである。

「明」はリーダーにとってぜひとも必要な条件であり、
これがなかったら、たちまち組織の舵取りに失敗してしまうだろう。
だが、「察に過ぎて疑い多し」とならぬように、
三極悪「睽極咈戻、剛極躁暴、明極過察」とならぬように、心すべきであろう。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

異変を感じたらすぐ対策を!

アフィリエイトフレンズ

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools