free web hit counter

 

Blog

 

 

運用うんようみょう一心いつしんそん

ー運用之妙存乎一心ー  宋史 巻365 岳飛傳

【十八史略:七巻。元の曾先之の撰。十八史略とは、十八史の要略の意で、
太古から南宋までの四千年間の史実を簡略に記し、初学者の課本に供したもの】

原文:
陣而後戰、兵法之常。
運用之妙、存乎一心。

書き下し文:
じんしてのちたたかうは兵法へいほうつねなり。
運用うんようみょう一心いつしんそんす。

 

意解:
南宋の時代に岳飛がくひという将軍がいた。
北方の異民族きんの侵攻を受けたとき、
たびたび戦って勝利を収め、後の人々から「救国の英雄」と
あおがれている人物である。

その岳飛の若い頃のエピソード。
義勇軍の応募して金軍との戦いに参加したが、
そのめざましい奮戦ぶりはたちまち上役の目にとまった。
上役は大いに頼もしく思ったが、一抹いちまつの不安も感じたらしい。
岳飛を呼んで、「なんじの勇智才芸はいにしえの良将もぐるあたわず。
しかれども野戦を好むは万全のけいにあらず」と行って布陣の図を与えた。

これに対して岳飛はこう答えている。
じんして後戦のちたたかうは兵法のつねなり。運用うんようみょう一心いつしんそんす」
兵法の定石はもちろん必要だが、
それよりも肝心なのはむしろ臨機応変な運用だという意味である。

残念ながら、和平派の謀略ぼうりゃくで「救国の英雄・岳飛」は投獄、処刑されてしまう。
その和平も南宋にとっては、毎年莫大な貢ぎ物を贈ることによって、
平和をあがなうというものでした。

これは現代の企業経営の管理職にも、そっくり当てはまるかもしれない。
一つ一つの選択(決断)が後の企業の存続を左右する事を
肝に命じて決断(選択)をしてほしいものである。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

豪華おせちセレクション

ライター・編集者の募集 ☆月30万円稼ぐことも可能!

異変を感じたらすぐ対策を!

アフィリエイトフレンズ

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools