free web hit counter

 

Blog

 

 

小恵しょうけいわたくしして大体だいたいやぶるなかれ

ー毋私小恵而傷大体ー  菜根譚 超訳 前集131項
【菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている】

原文:
毋因群疑而阻独見。
毋任己意而廃人言。
毋私小恵而傷大体
毋借公論以快私情。

書き下し文:
群疑ぐんぎりて独見どっけんはばむことなかれ。
おのれまかせてひとげんはいすることなかれ。
小恵しょうけいわたくしして大体だいたいやぶなかれ。
公論こうろんりてもって私情しじょうこころよくすることなかれ。

独見どっけん:自分独自の見解
小恵しょうけい:小さな私恩
大体だいたい:全体の利益

 

意解:
「多数からの疑いに影響されて、自分の意見を捨ててはならない。
自分の意見にこだわり、人の意見を排除してはいけない。
小さな私恩を売ることに汲々きゅうきゅうとして全体の利益を犠牲にしてはならない。
大衆の人気を利用して、自分だけ良い思いをしてはならない。」

この一節はとくに組織のリーダーが自戒しなければならないことである。
例えば政治家である。国の予算をぶんどってきて自分の選挙区に橋をかけてやった、
道を舗装してやったというのは「小恵を私する」たぐいである。

ある程度はやむおえないかもしれないが、
そうゆうことにばかりに頭を使っているようではやはり困るのである。
さらに、厳しい言い方をすれば、バラマキ福祉で財政破綻を招くのも、
「小恵をわたくしして大体をやぶる」のたぐいだと言われてもやむおえないかもしれない。

政治家だけではない。会社などでも、自分の勢力を扶植ふしょく(植えつけ拡大する)しようと、
あの手この手で私恩を売っているリーダーを見かけるが、それもこのたぐいである。
こんなリーダーが幅を利かすようになると、その組織は危ない。
「大体」をやぶっては、リーダー失格である。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

土地活用!無料提案

Amazon.co.jp

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools