free web hit counter

 

Blog

 

 

ひとはその親愛しんあいするところいてへき

ー人之其所親愛而辟焉ー  大学 伝8章 修身

【大学:一巻。もと「礼記」中の一篇であったが、宋代以降、単行本として独立し、
朱熹がこれを四書の一としたことから、特に広く読まれるようになった】

原文:
所謂齊其家在脩其身者、人之其所親愛而辟焉。
之其所賤惡而辟焉。之其所畏敬而辟焉。
之其所哀矜而辟焉。之其所敖惰而辟焉。
故好而知其惡、惡而知其美者、天下鮮矣。
故諺有之曰、人莫知其子之惡、莫知其苗之碩。
此謂身不脩、不可以齊其家。右傳之八章、釋脩身齊家。

書き下し文:
所謂いわゆるそのいえととのうるはそのおさむるにありとは、
ひとはその親愛しんあいするところいてへきす。
その賤悪せんおするところいてへきす。その畏敬いけいするところいてへきす。 
その哀矜あいきょうするところいてへきす。その敖惰ごうだするところいてへきす。 
ゆえこのみてしかもそのあくを知り、にくみてそのを知る者は天下にすくなし。 
ゆえげんにこれ有り、曰く、人はその子の悪を知るなく、その苗のおおいなるを知るしと。 
これを身修まらざればもってその家をととのうべからずという。 
右は伝の八章。身を修め家を斉うることをせきす。 

へきす:かたよる
畏敬いけい:心から服しうやまうこと
哀矜あいきょう:悲しみ哀れむこと
敖惰ごうだ:気ままに暮らしてなまけること
あく:欠点
:美点
げん:ことわざ
おお:大きくてすぐれている
せきす:説明する

 

意解:
所謂その家を斎える(和合)ということはその身を修めることだとは、どういうことなのか?
人は家族や親族に対しては、その愛情に溺れて偏った判断をする。
人は身分の低い者にたいしては、いやしみさげすみの感情にとらわれて偏った判断をする。
人は身分の高い者に対しては畏敬の念に惑わされて偏った判断をする。
人は困窮している者に対しては憐憫れんびんの情にほだされて偏った判断をする。
人は疎遠の者に対しては無視して偏った判断をする。
したがって、好ましい人にも欠点があり、嫌いな人にも美点があることを知る人は少ない。
諺にも言う、「親ばかはわが子の悪を知らず。欲張りはわが家の苗の価値に気づかず」と。
このように、わが身が修まらなければ家をととのえることはできないのである。
以上は、伝の8章 修身斎家についての解説である。

参考:宇野哲人訓で読む大学33:伝8章 修身

問題なのは、人の上に立つリーダーがこれをやったのでは、
そのマイナスな面は一際深刻である。
リーダーたる者、人を親愛するのはいいが、其の結果としてのえこひいきは
極力、抑制しなければならない。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

土地活用!無料提案

Amazon.co.jp

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools