free web hit counter

 

Blog

 

 

これをのぞめば木鶏もくけいたり

ー望之似木鶏ー  荘子 外篇 達生第十九

【荘子:三十三篇。戦国中期の道家荘周とその一門の思想を記したもの。荘周の撰。外・内・雑編から成り、
内編七編以外の大部分は、後人の仮託になるものといわれている。「南華新経」ともいう】

原文:
 紀渻子爲王養鬭鷄。
十日而問鷄已乎。
曰未也方虚憍而恃氣
十日又問、曰未也。猶應嚮景。
十日又問、曰未也。猶疾視而盛氣。
十日又問、曰幾矣。鷄雖有鳴者已無變矣。
望之似木鷄矣。其德全矣。
異鷄無敢應者、反走矣。

書き下し文:
紀渻子きせいし、王の爲に鬭鷄とうけいを養ふ。
十日にして問ふ、にはとりすでにするか、と。
曰く、いまだし。まさ虚憍きよけうにして氣をたのむ、と。
十日にして又問ふ。曰く、未だし。嚮景きやうえいこたえず、と。
十日にして又問ふ。曰く、未だし。猶ほ疾視しつしして氣を盛んにす、と。
十日にして又問ふ。曰く、ちかし。鷄鳴く者有りといへども、すでへんずること無し。
これをのぞめば木鶏もくけいたり。其の德まつたし。
異鷄いけいあへおうずる者無く、かへりて走る、と。

 

意解:
むかし中国に、紀渻子きせいしという闘鶏を訓練する名人がいた。
あるとき、王様から一羽の鶏の訓練を仰せつかる。
十日たって王様が催促したところ、
「いや、まだでございます。やみくもに殺気立って、しきりに敵を求めております。」
という答えである。
こうして二度、三度と催促したが、OKが出ない。四度目、四十日たって、
やっとOKが出た。紀渻子の答えはこうである。
「もうよろしゅうございます。そばで他の鶏がどんなに鳴いて挑んでも、
一向に動ずる気配がありません。見たところまるで木彫りの鶏のようです
(これを望めば木鶏に似たり)。これこそ徳が充満している証拠、
他の鶏どもはその姿を見ただけで、みなシッポを巻いて逃げ出して行きます。」

立派な徳やしたたかな計謀、能力を秘めながら、ただ黙って睨みを効かせているー
この「木鶏」のあり方こそ、理想のリーダー像なのである。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

土地活用!無料提案

Amazon.co.jp

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools