free web hit counter

 

Blog

 

 

草創そうそう守成しゅせいといずれかかた

ー草創与守成孰難ー  貞観政要 その一 君道第一

【貞観政要:じょうかんせいよう|十巻。唐の呉兢の著。
唐の太宗と重臣とが政治に関して論じたものを、四十門に分けて類編した書】

原文:
太宗謂侍臣日、
帝王之業、草創与守成孰難。
【中略】
太宗日、
玄齢昔従我定天下、備嘗艱苦、
出万死而遇一生。所以見草創之難也。
魏徴与我安天下。慮生驕逸之端必践棄危亡之地。
所以見守成之難也。今、草則之難既已往矣。
守政之難者、当思与公等慎之。

書き下し文:
太宗、侍臣にいいいわく、
「帝王のぎょう草創そうそう守成しゅせいといずれかかたき」。
【中略】
太宗曰く、
玄齢げんれいは昔我に従って天下を定め、そなえ難苦なんくめ、
万死ばんしでて一生いっしょうえり。草創 の難きを見る所以ゆえんなり。
魏徴ぎちょうは我とともに天下をやすんず。驕逸きょういつたんを生ぜば、
必ず危亡きぼうの地をまんことをおもんぱかる。
守成の難きを見る所以なり。今、草創の難きは既已すでけり。
守成の難きは、まさ公等こうらともにこれをつつしまんことを思うべし」。

万死ばんしでて一生いっしょう:九死に一生
一生いっしょう:やっと生き延びること。
驕逸きょういつ:おごりたかぶって勝手な行動をする。
危亡きぼう:滅亡に瀕する危険。
公等こうら:あなたがた

参考:貞観政要を学ぶ

 

意解:

唐の太宗(李世民)は、側近に尋ねた。
「帝王の事業の中で、創業と守成とい ずれが困難であろうか」
「草創」は創業、「守成」は「成るを守る」で、
すでに出来上がったものを守っていくことだ。

太宗はいった。「玄齢はかって私に従って戦い、九死に一生を得て今日がある。
創業こそ困難と考えてもっともである。魏徴は、私と共に天下を安定させ、
我がままやおごりが少しでも生ずれば危急存亡の道を歩む事を心配している。
魏徴こそ守成の困難を体験したのである。今や、創業の困難は過去のものとなった。
今後は汝等と共に守成の困難を心して乗り越えて行かなければならない。」

こうして太宗は異常な決意をもって守成の時代に対処するのであるが、
其の苦心経営ぶりは、「貞観政要じょうかんせいよう」という本にまとめられている。

現代の守成の時代を担っているリーダーも、
太宗の苦心に学んでほしいところだ。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

土地活用!無料提案

Amazon.co.jp

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools