free web hit counter

 

Blog

 

 

たたかものはこれをせいもとめてひともとめず

ー善戦者求之於勢不責於人ー  孫子 勢篇

【孫子:一巻。春秋末期の呉の孫武の撰した兵法書】

原文:
善戰者、求之於勢、不責於人
故能擇人而任勢。
任勢者、其戰人也、如轉木石、
木石之性、安則靜、
危則動、方則止、円則行。
故善戰人之勢、如轉円石於千仞之山者、勢也。

書き下し文:
ゆえたたかものはこれをせいもとめてひともとめず。
ゆえによく人をえらびてせいにんず。
せいにんずる者は、その人をたたかわしむるや、木石ぼくせきてんずるがごとし。
木石ぼくせきせいは、あんなればすなわせいに、
なればすなわち動き、ほうなればすなわちとどまり、
えんなればすなわちく。
ゆえにく人を戦わしむるのいきおい
円石えんせき千仞せんじんの山に転ずるがごときは、せいなり。

参考:WEB漢文大系、孫子 勢篇

 

意解:
せいもとめてひともとめず」とは、
一人ひとりの能力や働きに過度の期待をかけないで、
組織全体の勢いのほうを重視するということ。
戦の巧みな者は、そういう戦い方をするのだという。「孫子」はこう語っている。

「勢いに乗れば、兵士は坂道を転がる丸太や石のように、
思いがけない力を発揮する。丸太や石は、平坦な場所では静止しているが、
坂道におけば自然に動き出す。また、四角なものは静止しているが、丸いものは転がる。勢いに乗って戦うとは、丸い石を千仞せんじんの谷底に転げ落とすようなものだ」

今、どこの企業でも、社員研修が盛んに行われている。
たしかに組織の生き残りをはかるには、
社員一人ひとりのレベルアップをはからなければならない。
だが、それにもまして望まれるのは、組織としての勢いをどう作り出すかだ。
勢いに乗れば、一の力が二にも三にもなって発揮される。
このような勢いを作り出すのも、リーダーの職責であろう。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

土地活用!無料提案

Amazon.co.jp

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools