Blog

jinnsei2 ookiku1


衆曲(しゅうきょく)は直を容れず、
衆枉(しゅうおう)は正を入れず

ー衆曲不容直、衆枉不容正ー   淮南子(わいなんし)
(淮南子:二十一巻。前漢の淮南王劉安:漢の高祖の孫|が幕下の学者に命じて
おのおのの専門について講論させて作った書。)

 

{原文}
衆曲不容直、
衆枉不容正

 

{書き下し文}
衆曲(しゅうきょく)は直を容れず、
衆枉(しゅうおう)は正を入れず

 

しゅう曲

 

{意解}
「衆曲」とは、全体が曲がっていること
「衆枉」は、全体が間違っていること。

 例えば、組織全体が曲がっていたり、
間違った方向に進んでいる状況下では、
数人が真っ直ぐであろうとしたり、
正しいことを主張したりしても、
全体的に、悪(曲)が悪(曲)として
まかり通ってしまうということである。
 そうゆう中で、生きるとすれば
考えられる選択肢が三つある。

1. あくまでも「直」に生き「正」を主張して、組織の歪を正す。   
ただし、相応の覚悟が必要だろう。

2. 大きな流れに逆らわないで、 それなりに大勢に順応して生きる。

3. そんな組織に見切りをつけ、 他に活きる道を求める。

の三つであろう。  
どれを選択するかは、 それぞれの立場、状況、人生観によって 異なってくるだろう。
人生、長く生きていれば、往々にして これに近い選択を迫られる時があるだろう。
どの道を選択したとしても、 後々、後悔のない選択をしたいものである。

むしろ鶏口となるも牛後となるなかれ」 という一文も思い浮かぶ。  
この選択が、これからの人生を大きく左右する 決断になるかもしれない。

 

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

淮南子の思想 老荘的世界 (講談社学術文庫)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools