free web hit counter

 

Blog

 

 

おんもしおのれよりでなば、うらみははたたれにかせん

ー恩若己出、怨将誰帰ー  宋名臣言行録

【宋名臣言行録:二十四巻。前集十巻、後集十四巻は南宋の朱熹の撰。
続集八巻、別集二十六巻、外集十七巻は李幼武の補。宋代名臣の言行を集めたもの】

原文:
恩若己出、怨将誰帰。

書き下し文:
おんもしおのれよりでなば、うらみははたたれにかせん

 

意解:
宋代の名宰相に王曾おうそうという人物がいる。
この人物は宰相のポストにありながら、
自分の息のかかった部下を一人も要職に抜擢しなかった。

それを見て、ある人物が、「人材の登用をはかるのは宰相たる者の責任です。
あなたは、他の点では非の打ち所のない宰相ぶりですが、
こと人材の登用にかけては、いささか問題があると言わざるおえません」
と皮肉ったところ、王曾はしずかに答えたという。
おんもしおのれよりでなば、うらみははたたれにかせん」

人に恩を着せるのはいいが、では左遷させんされる者のうらみみは
誰が引き受けてくれるのか、といった意味であろう。

抜擢されて喜ぶ者が出れば、左遷、降格されて悲しむ者も出る。
そこに私情がからめば、怨みの気持ちも生じてこよう。
王曾のやり方も一つの「仁」であるかもしれない。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

異変を感じたらすぐ対策を!

Amazon.co.jp

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools