Blog

jinnsei2 ookiku1

断じて敢行(かんこう)すれば鬼神(きじん)もこれを避(さ)く
ー断而敢行、鬼神避之ー   史記 
(史記:百三十巻。前漢の司馬遷の選した、中国最初の通史。上古の黄帝から、
漢の武帝に至る歴史を紀伝体のよって記している。)  

 

 

{原文}
断而敢行、鬼神避之

 

{書き下し文}
断じて敢行(かんこう)すれば鬼神(きじん)もこれを避(さ)く

 

 

sikoutei

 

{意解}  
 通常、何か大事な難しい事を始める時の
意気込みを表す時によく使われるが、
元は宮廷の政権争いが背景である。  
 秦の始皇帝が急死した時、
遺言で長男の扶蘇(ふそ)が後継者となっていたが、
宦官(かんがん)の趙高(ちょうこう)が 実権を握りたいばかりに
扶蘇を殺して、次男の胡亥(こがい)を立てようと画策、
渋る胡亥(凡庸な|ぼんような)に脅しをかける
文中の一部分の言葉である。

「小を顧みて大を忘るれば、後必ず害あり。
狐疑猶予(こぎゆうよ)すれば、後必ず悔(くい)あり。
断じて敢行すれば、鬼神もこれを避け、後成功あり。
願わくば子(し)これを遂(と)げよ」  
こう言って胡亥に決断を迫ったのである。  

 この一文の背景がどうであれ 「断じて行えば鬼神もこれを避く」  
自分自身にとって 重大で、且つ難しい事を決行するときの
心のつぶやきとして、 刻んでおきたい一文だろう。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

史記 全8巻セット (ちくま学芸文庫)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools