free web hit counter

 

Blog

 

 

もくしてこれをし、わずしてしんあるは徳行とつこうそん

ー黙而成之、不言而信、存乎徳行ー  易経 繋辞上伝 第十二章 大有上九

【易経:「易」または「周易」ともいう。五経の一つ。卜筮(ぼくぜい)の法によって、倫理道徳を説いたもの。上下の「経」と、その注釈篇である。「十翼」からなり、十翼は孔子の編と伝えられている】

原文:
極天下之賾者存乎卦。
鼓天下之動者存乎辭。
化而栽之存乎變。
推而行之存乎通。
神而明之。存乎其人。
黙而成之。不言而信、存乎德行。

書き下し文:
天下のさくきわむるものはそんし、
天下の動を鼓するものはそんす。
してこれをさいするはへんそんし、
してこれをおこなうはつうそんす。
しんにしてこれをあきらかにするは、その人にそんす。
もくしてこれをし、わずしてしんあるは徳行とつこうそんす。

さく:奥深い道理
: 易で、算木を数えて得たしるし

口語訳:
天下の奥深い道理を極めるものはにあり、天下の動きを振るいたたせるものはにある。姿をかえてもとと違った形になってこれをほどよいところにできるものは変にあり、考えをおし進めてこれを動かし進ませるものは通にある。神秘にしてこれを明らかにするものは人にある。だまってこれをなし、言わずにまことがあるものは徳行にある。

*参考資料:易経を学ぼう

 

意解:
あえて命令しなくても仕事が順調に運び、
黙って座っていても人々の信頼を集めることができるのは、
その人の「徳行とつこう」によるのだという。「徳行とつこう」とは、立派な行いである。

地位や能力で部下を使うやり方ではなく、その人の持っている人間的魅力によって
部下を引っ張っていくやり方である。いささか迂遠うえんなやり方ではあるかもしれないが、
組織がピンチに立たされたときなど、このほうがはるかに威力を発揮するかもしれない。

地位や能力で部下を使おうとすれば、命令には従わせることができるかもしれないが、
心服はされない。そういう部下は、何か事が起こると、すぐに離れていく。
離れていく部下が悪いのではない。彼らの心をとらえられないリーダーの側に責任があるのだ。

そうならないためには、リーダーたる者、普段から徳を養い、
その徳によって部下を動かすことを心がけなければならない。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

異変を感じたらすぐ対策を!

Amazon.co.jp

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools