free web hit counter

 

Blog

 

 

ほうもちうること、つと寛簡かんかん

ー用法務在寛簡ー  貞観政要

【貞観政要:じょうかんせいよう|十巻。唐の呉兢の著。
唐の太宗と重臣とが政治に関して論じたものを、四十門に分けて類編した書】

原文:
用法務在寛簡

書き下し文:
ほうもちうること、つと寛簡かんかん

 

意解:
とう太宗たいそうがあるとき側近の者を集めてこう語った。
「一度死んだ者は二度と生き返らせることはできない。だから法の適用は、
なるべくゆるやかにすることが望ましい(法を用うること、務め寛簡に在り)。
ところが今の司法官を見るに、古人がいみじくも、「棺桶かんおけを売るものは、毎年、
疫病えきびょうの流行することを望む。他人が憎いからではない。棺桶がたくさん売れるからだ」
と語ったように、やたらと苛酷かこくな取り調べを行って、己の成績を上げることばかり考えている」

太宗の嘆きは、現代にも当てはまるかもしれない。たとえば、点数稼ぎを目的とする
交通違反の取締などはその一例であろう。そんなことに熱心なところほど、
肝心の事件の解決率が低いとくるから、いっそう始末が悪い。

この問題はまた警察や司法だけの課題ではない。一般の人事管理においても、
「務め寛簡に在り」の原則でいきたいところだ。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

異変を感じたらすぐ対策を!

Amazon.co.jp

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools