free web hit counter

 

Blog

 

 

かんとは苛急かきゅうさざるのみ、かんとは繁砕はんさいさざるのみ

ー寛者不為苛急耳、簡者不為繁砕耳ー  宋名臣言行録 歐陽修

【宋名臣言行録:二十四巻。前集十巻、後集十四巻は南宋の朱熹の撰。
続集八巻、別集二十六巻、外集十七巻は李幼武の補。宋代名臣の言行を集めたもの】

原文:
寛者不為苛急耳、
簡者不為繁砕耳。

書き下し文:
かんとは苛急かきゅうさざるのみ、
かんとは繁砕はんさいさざるのみ。

 

意解:
宋代の欧陽脩おうようしゅうという政治家は各地の地方長官を歴任したが、
業績とか評判にとらわれないで、もっぱら「寛」と「簡」による行政を心がけた。
それでいて、問題の多い地方に赴任しても、半月もしないうちに問題の大半が片付き、
一、二ヶ月もすると、役所は何もやることがなくなって僧房そうぼうのように静かになったといわれる。ある者が不思議に思って、「公の政治は寛簡を旨としながら、それでいてよく治まるのは、なぜでしょうか」とたずねたところ、
欧陽脩は表題のことばを上げて答えたという。
「私の心がけている寛とは、過酷かこくな押しつけをしないこと(苛急を為さざるのみ)、
簡とは煩雑なたらい回しをしないこと(繁砕を為さざるのみ)、これに尽きますよ」

「寛」と「簡」は組織管理のポイントである。そうゆう意味で、
欧陽脩のことばは参考になるであろう。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

異変を感じたらすぐ対策を!

Amazon.co.jp

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools