free web hit counter

 

Blog

 

 

明主めいしゅのそのしん導制どうせいするところ二柄にへいのみ

ー明主之所導制其臣、二柄而已矣ー  韓非子

【韓非子:二十五巻五十五篇。戦国時代の韓非の撰。先秦時代の法家の学を集大成し、
それに韓非の考えを加えたもの。はじめ「韓子」と称したが、
宋以後、唐の韓愈と区別するため「非」の字を加えたもの】

原文:
明主之所導制其臣、二柄而已矣

書き下し文:
明主めいしゅのそのしん導制どうせいするところは、二柄にへいのみ

明主めいしゅ:賢明な君主

 

意解:
導制どうせい」は、コントロールする、使いこなす。「二柄にへい」は、二つの(ハンドル)。
したがって、すぐれたトップは二つの柄を握っているだけで部下を使いこなす、
という意味になる。

では、「二つの柄」とは何か。「韓非子かんぴし」によればこうである。
二つの柄とは、刑と徳である。では、刑徳とは、何か。刑とは罰を加えること、
徳とは賞を与えることだ。部下というのは罰を恐れ賞を喜ぶのが常である。
だからトップが罰と賞の二つの権限を握っていれば、ふるえあがらせたり、
てなずけたりして、想いのままにあやつることができる」

信賞必罰しんしょうひつばつで臨むこと、これが部下を使いこなすかぎだ、というのである。
「韓非子」はさらに、つぎのようにダメを押している。
「殺されたり、実権を失ったりしたトップは、賞罰の権限を二つとも部下に奪われていた。こんな状態で身を滅ぼさなかったトップは、昔から、一人もいたためしはないのである」

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

異変を感じたらすぐ対策を!

アフィリエイトフレンズ

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools