free web hit counter

 

Blog

 

ookiku1

 

むさぼらざるをってたから

ー以不貪為宝ー  春秋左氏伝 襄公一五年

【左伝:三十巻。「春秋左氏伝」の略。魯の左丘明の撰と伝えられている。
「春秋」の注釈書で「左氏伝」ともいう。十三経の一つ】

原文:
以不貪為寶
爾以玉為寶。
若以與我、皆喪寶也。
不若人有其寶。

書き下し文:
我はむさぼらざるをってたからし、
なんじは玉を以って宝と為す。
もし以って我に与えば、皆、宝をうしなうなり。
かず人ごとにその宝を有せんには。

 

意解:
むかし、宋の国の子罕しかんという宰相は、この言葉を座右の銘にしていたという。
ある男が粗玉あらたまを入手して子罕に献上しようとした。
子罕が断ったところ、男は、「玉造の職人に見てもらいましたら、磨けばたいそうな宝石になるとのこと。それであなたさまに差し上げようと思いまして」

子罕はこう答えたという。
「我は貪らざるを以って宝と為す。なんじは玉を以って宝と為す。もし以って我に与えば、
皆、宝をうしなうなり。かず人ごとにその宝を有せんには」

後段の下りを訳せば、そなたが宝としているその玉を
わしにくれてしまったのでは、そなたはせっかくの玉を失い、
わたしもまた、自分の宝としている「貪らず」を失ってしまう。
だから、そなたもわたしも、
それぞれ自分の宝を大切にしているほうがよいだろう。というのだ。

 

 
*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. Hi, this weekend is nice in support of me, because this time i am reading this great educational post here at my residence.

    /* 投稿リビジョンを削除する  */
    $wpdb->query( "DELETE FROM $wpdb->posts WHERE post_type = 'revision'" );
  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

豪華おせちセレクション

ライター・編集者の募集 ☆月30万円稼ぐことも可能!

異変を感じたらすぐ対策を!

アフィリエイトフレンズ

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools