free web hit counter

 

Blog

 

ookiku1

 

寿いのちながければすなわ辱多はじおお

ー寿則多辱ー  莊子 天地

【荘子:三十三篇。戦国中期の道家荘周とその一門の思想を記したもの。
荘周の撰。外・内・雑編から成り、内編七編以外の大部分は、
後人の仮託になるものといわれている。「南華新経」ともいう】

原文:
堯曰、
多男子則多懼、
富則多事、
壽則多辱
是三者、非所以養德也。
故辭。

書き下し文:
ぎょうわく、
男子だんしおおければすなわおそおおく、
めばすなわことおおく、
寿いのちながければすなわはじおおし。
三者さんしゃとくやしな所以ゆえんあらざるなり。
ゆえす、と。

おそれ:心配事

 

意解:
長生きすれば、それだけ恥をかく機会が多くなるというもの。
「莊子」の次の話が出典になっている。

むかし、聖王のぎょうという所に視察に行ったときのことである。
土地の役人が堯のために、「たくさんの男の子が授かりますように、
富に恵まれますように、長寿に恵まれますように」と祝福を捧げたが、
堯はこれを受けようとしない。役人が理由を尋ねたところ堯はこう答えたという。

「男の子が多いと心配事が絶えない。金持ちになるとわずらわしいことばかりだ。
長生きすれば、それだけ恥も忍ばねばならない(寿ければ則ち辱多し)。
だから、せっかくだがお断りしたのじゃ」

これはこれで立派な見識である。だが、「莊子」に言わせると、
そんな事にこだわっているのはまだ低いレベルで、
とうてい人生の達人とは言えないのだという。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

豪華おせちセレクション

ライター・編集者の募集 ☆月30万円稼ぐことも可能!

異変を感じたらすぐ対策を!

アフィリエイトフレンズ

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools