free web hit counter

 

Blog

 

 

じゅうきゅうあたるも、いまだ必ずしもしょうせず

ー十語九中、未必称奇ー  菜根譚 前集 71項

【菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている】

原文:
十語九中、未必称奇。
一語不中則愆尤駢集。
十謀九成、未必帰功。
一謀不成則貲議叢興。
君子所以寧黙毋躁、寧拙毋巧。

書き下し文:
じゅうきゅうあたるも、いまだ必ずしもしょうせず。
一語いちごあたらざれば、すなわ愆尤駢けんゆうならび集まる。
じゅうぼうきゅうるも、いまだ必ずしもこうせず。
一謀成いちぼうならざれば貲議叢しぎむらがおこる。
君子くんしむしもくしてそうなることなく、むしせつにしてこうなることなき所以ゆえんなり。

愆尤けんゆう: あやまち、過失
貲議しぎ:この貲は、“呰”(そし・る)の意
そう:騒ぐ
せつ:つたない、じょうずでないこと

 

意解:
十回予想を立てて九回的中させたとしても、誉められるとは限らない。
一回でもはずれれば、たちまち非難にさらされる。
十回作戦を立てて九回成功させたとしても、功績を認めれれるとは限らない。
一回でも失敗すれば、たちまち批判を浴びる。
君子が多弁よりも沈黙を選び、さかしらよりも無能をよそおうのは、そのためである。

多弁なるが故に失敗した例は枚挙にいとまがない。
「老子」には、「多言たげんなれば、しばしばきゅうす」とあり、
「莊子」にも、「大弁たいべんは言わず」とある。「孔子」も、
「君子は弁舌が爽やかであるよりも、実践において勇敢でありたい」(論語)
と多弁の愚を戒めている。

 

[決定版]菜根譚 著者: 守屋洋 を参考に
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

豪華おせちセレクション

ライター・編集者の募集 ☆月30万円稼ぐことも可能!

異変を感じたらすぐ対策を!

アフィリエイトフレンズ

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools