free web hit counter

 

Blog

jinnsei2 jico


小人しょうじんがくみみよりりてくちより

ー小人之学也入乎耳、出乎口ー   荀子 勧学編 十三
(荀子:二十巻。戦国時代末期の学者、荀況の書。荀況は孟子に次ぐ大儒。
孟子の性善説に対して、荀況は性悪説を唱えた。)

 

{原文}

君子之学也、入乎耳箸乎心、
布乎四体、形乎動静。
小人之学也入乎耳、出乎口

{書き下し文}
君子の学ぶや、耳より入りて心にき、
四体にきて、動静にあらわる。

小人しょうじんの学は耳より入りて口より

 

 

{意解}

君子は、耳から学んだ学問を心に定着させ、身体全体に行き渡らせる。
その結果は日々の行動となって表れる。
小人は、耳から学んだ学問をすぐ口に出してしまう。

 よく知られた「口耳の学である。
自分を向上させるには、 多種多様に学ぶことが必要だが
同じ学でも「口耳の学」の学び方では 身にもつかず、
有害無益なのだという。  
「口耳の学」耳で聞きかじったことを そのまま他人に受け売りすることである。
 
君子は学んだことを咀嚼そしゃくして血肉として活用するが、
小人だと受け売り程度にしか利用しきれない。
覚えている事と理解している事では天と地の差がある。 

君子は、打たねば響かぬが、打てば響くもの、
打てば響く「君子の学
として 身につけたいものである。

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

土地活用!無料提案

Amazon.co.jp

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools