Blog

jinnsei2 jico


殷鑑(いんかん)遠からず、夏后(かこう)の世に在り

ー殷鑑不遠、在夏后之世ー   詩経
(詩経:中国最古の詩集。周初から春秋時代中ごろまでの詩を集めている。
現存するものは三百五篇。五経の一つで、初めは単に「詩」といったが、
宋代以降「詩経」と呼ばれるようになった。)

 

{原文}
殷鑑不遠、
在夏后之世。

 

 

{書き下し文}
殷鑑(いんかん)遠からず、
夏后(かこう)の世に在り。

 

 

詩経

 

{意解} 
中国の王朝は、夏、殷、周と続いていた。
夏王朝、最後の桀王(けつおう)
殷王朝、最後の紂王(ちゅうおう) この二人は、
極悪非道で ともに国を滅亡に追いやり、
最悪の暴君の見本に挙げられている。

 この言葉は、この事実により生まれたものである。
殷の紂王の「後事の師」とすべき(殷鑑)は すぐ前の夏王朝(夏后)であり、
夏の桀王の失政「前事」に学ぶべきであった。  

 通常、「殷鑑遠からず」の言葉で
(反面教師とすべき教訓は近いところにある)
(他人の失敗を自分の教訓とする)
という意味で使われている。  

歴史上には、 多くの先人達の失敗、失策の記録がある。
同じ失敗を重ねぬためにも、
先人達の体験に学ぶことは重要に思われる。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

詩経 (新書漢文大系 15)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools