free web hit counter

 

Blog

jinnsei2 jico


よくあればすなわごうなし

ー有欲則無剛ー   近思録
(近思録:十四巻。宋の朱熹・呂祖謙の共著。宋の学者、周廉渓・程明道・
程伊川の著書や語録の中から六百二十二条を選んだ、初学者用のテキスト。)

 

{原文}
有欲則無剛

{書き下し文}
欲(よく)あれば即(すなわ)ち剛(ごう)なし

近思録

{意解} 
この一文での「剛」のつよさは、同じ「剛」でも
自分が正しいと信じたことは
あくまでも主張して譲らないつよさ、

激しい風雨にもビクともしないで、
悠然とそびえ立っている樹のつよさを指している。

勿論、美徳の一つである。  

 あるとき、孔子が「吾、未だ剛なる者を見ず」 と嘆いたところ
「申悵という男はどうですか」と 聞く者がいた。  
孔子は答えて「悵や慾あり。いずくんぞ剛なるを得ん」
あの男には欲がある、
あれでは剛にはなれぬと答えている。  

 私欲が入ると、失われてしまう。
なぜなら、私欲に惹かれて妥協に走るからだと。  

この「近思録」の一文は
「論語」にある この話を受けてのことかもしれない。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

異変を感じたらすぐ対策を!

アフィリエイトフレンズ

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools