Blog

jinnsei2 jico


欲(よく)あれば即(すなわ)ち剛(ごう)なし

ー有欲則無剛ー   近思録
(近思録:十四巻。宋の朱熹・呂祖謙の共著。宋の学者、周廉渓・程明道・
程伊川の著書や語録の中から六百二十二条を選んだ、初学者用のテキスト。)

 

{原文}
有欲則無剛

 

{書き下し文}
欲(よく)あれば即(すなわ)ち剛(ごう)なし

 

 

近思録

 

{意解} 
この一文での「剛」のつよさは、同じ「剛」でも
自分が正しいと信じたことは
あくまでも主張して譲らないつよさ、

激しい風雨にもビクともしないで、
悠然とそびえ立っている樹のつよさを指している。

勿論、美徳の一つである。  

 あるとき、孔子が「吾、未だ剛なる者を見ず」 と嘆いたところ
「申悵という男はどうですか」と 聞く者がいた。  
孔子は答えて「悵や慾あり。いずくんぞ剛なるを得ん」
あの男には欲がある、
あれでは剛にはなれぬと答えている。  

 私欲が入ると、失われてしまう。
なぜなら、私欲に惹かれて妥協に走るからだと。  

この「近思録」の一文は
「論語」にある この話を受けてのことかもしれない。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools