Blog

jinnsei2 jico


他山の石、以って玉を磨くべし

ー他山之石、可以攻玉ー   詩経
(詩経:中国最古の詩集。周初から春秋時代中ごろまでの詩を集めている。
現存するものは三百五篇。五経の一つで、初めは単に「詩」といったが、
宋代以降「詩経」と呼ばれるようになった。)

 

{原文}
他山之石、可以攻玉

 

{書き下し文}
他山の石、以って玉を磨くべし

 

tama

 

{意解}
人のふり見て、我がふり直せ」である。  

よその山から出た石ころでも、
こちらの玉を磨く材料とすることができる。  

 つまらぬ他人の言動も 自分を鍛える助けとして
活用することができるということである。  

 自分自身を鍛えることは 老若男女、望まれることであるが
とくに、上に立つ人物には 不可欠な条件である。  
 心に思う人物を目標として、 彼のレベルを目指して努力する。  

取るに足らない人物は 数多にいるはずであるから
彼らを反面教師として 価値を見いだせる。
そうならないように努めることに 自分の意識を変えれば
周りには多くの自分を高めるに値する人物はいる。  

 それが「他山の石」にほかならない。
「他山の石」と眺めるだけでなく
以って自分の玉を磨くべし」である。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools