Blog

jinnsei2 jico


三人行えば、必ず我が師あり

ー三人行、必有我師焉ー   論語 述而篇
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

 

{原文}
子曰、
三人行、
必有我師焉、
択其善者而従之、
其不善者而改之。

 

{書き下し文}
子曰く、
三人行めば(あゆめば)、
必ず我が師有り。
その善き者を択びて而ち(すなわち)これに従い、
その善からざる者は而ちこれを改む。

 

 

三人行

 

{意解}  
孔子はこの一文に、さらに
「その善なる者を択(えら)びてこれに従い、
その不善なる者にしてこれを改む」 と加えている。  

優れた人物からは、積極的に学べるし、
劣る人物は自分に反省の材料を与えてくれる という。

よって、この一文は 「仮に何人かで一緒に仕事をするとしよう。
私にとって、彼らは皆先生だ」 と解せる。  

 前記したように 孔子は貧しい家庭に育ち、 早くより働いて家計を助け
生活の苦労の中で育った人物である。  
その状況の中で 学問で身を立てることを決意する。
貧しいゆえに 家庭教師や塾に学ぶことはできない。が  
孔子は周囲の人々を先生とみなし、
見聞きする事、すべて 勉強の教科書とした。  
孔子も又 「他山の石、以って玉を攻(みが)くべし」 と、
自分を磨いたのである。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools