Blog


jinnsei2

ookiku1


むしろ鶏口(けいこう)となるも牛後(ぎゅうご)となるなかれ

ー寧為鶏口、無為牛後ー     史記 蘇秦伝
(史記:百三十巻。前漢の司馬遷が撰した、中国最初の通史です。
上古の黄帝から、漢の武帝までの歴史を紀伝体で記しています。)

 

{原文}
秦人恐喝諸侯、求割地。
有洛陽人蘇秦。
游説秦恵王、不用。
乃往説燕文侯、与趙従親。
燕資之、以至趙。
説粛侯曰、
「諸侯之卒、十倍於秦。
并力西向、秦必破矣。
為大王計、莫若六国従親以擯秦。」
粛侯乃資之、以約諸侯。
蘇秦以鄙諺説諸侯曰、
寧為鶏口、無為牛後。」
於是、六国従合。

 

{書き下し文}
秦人諸侯を恐喝して、地を割かんことを求む。
洛陽の人蘇秦といふもの有り。
秦の恵王に游説して、用ゐられず。
乃ち往きて燕の文侯に説き、趙と従親せしめんとす。
燕之に資して、以て趙に至らしむ。
粛侯に説きて曰はく、
「諸侯の卒、秦に十倍す。
力を并せて西に向かはば、秦必ず破れん。
大王の為に計るに、
六国従親して以て秦を擯くるに若くは莫し。」と
粛侯乃ち之に資し、以て諸侯を約せしむ。
蘇秦鄙諺を以て諸侯に説きて曰はく、
寧ろ鶏口と為るとも、牛後と為る無かれ。」と
是に於いて、六国従合す。

 

{和訳}
秦は諸侯を、武力を背景に威し、侵略していた。
洛陽の人に蘇秦という者がいた。
秦の恵王のところに遊説したが、登用されなかった。
そこで燕の文侯のところへ赴き、説いて、
趙と南北に同盟させようとした。
燕は蘇秦に遊説資金を与え、それで趙に行かせた。
趙の粛侯にこう説いた、
「諸侯の兵力を合わせれば、それは秦の兵力の十倍に値します。
力を合わせて、西方の秦を攻撃すれば、秦は必ず敗北するでしょう。
大王の為に愚考しますところ、
六ヶ国が同盟し、秦を排斥するよりよい方法はありません。」
そこで、粛侯は蘇秦に遊説資金を与えて諸侯と同盟を結ばせようとした。
蘇秦はことわざを使って、諸侯に説いた、
「小さな組織のトップになっても、大きな組織に従属してはならない。」
かくして、南北六国の同盟が成立した。

寧為鶏口

{意解}
大企業のなかで鳴かず飛ばずの一生を送るよりも、中小企業でもいいから、
そのトップになって存分に腕をふるったほうがよいという意味。
略して、「鶏口牛後」ともいう。

大きな組織に身を託したほうが、たしかに安定度が高くて、
将来の不安も少ないかもしれない。
反面、入ってからの競争も激しく、
一生、鳴かず飛ばずの下積みで終わる可能性も高いと言える。

 これに対し、小さな組織は安定には欠けているけれども、
人材の層が薄いから、腕を発揮する機会も多く、登用のチャンスも多い。
それに、激動の時代ともなれば、
大きな組織がいつまでも安泰であるという保証は何もない。
逆に小さな組織でも時勢の波に乗って急成長を遂げる例も少なくない。

とすれば、「鶏口」にかけてみるのも、
一つの生き方かもしれない。
ただし、それを成功させるためには、
時勢に対する深い洞察力を必要とする。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

史記 全8巻セット (ちくま学芸文庫)


あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools