Blog


jinnsei2

ookiku1

智、仁、勇の三者は天下の達徳なり
ー智仁勇三者天下之達徳也ー     「中庸」
(中庸:もと「礼記」中の一篇であったが、後に四書の一つに数えられた。
孔子の孫の子思の撰と伝えられている。)

 

 

{原文}
智仁勇三者天下之達徳也

 

{書き下し文}
智、仁、勇の三者は天下の達徳なり

 

智仁勇

{意解}
「達徳」とは、徳の中の徳。
とりわけ重要な徳といった意味です。
徳は幾つもの要素から成り立っていて、
そのなかでも、とりわけ重要なのが、
智、仁、勇の三つだといいます。

まず第一の「」とは、
1、深い読みのできる能力 
2、ものごとを適切に処理できる能力
この二つの複合のうえに形成されます。

つぎの「」とは、
相手の気持ちや立場に立って考えてあげること。
つまりは思いやり。
むろん、その前提として、
「我も人なり、彼も人なり」という人間的共感が必要。

」とは勇気。
決断力といってもよいかもしれません。
進むにせよ退くにせよ、決断すべきときに、
きちんと決断できる能力、それが「勇」。

してみると、この三つの徳は、
きびしい現実を生きていくうえで、
必要不可欠なものであると思われる。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

中庸 (講談社学術文庫 (595))


あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools