Blog

jinnsei2 jico

学びて思わざれば則(すなわ)ち罔(くら)し、
思いて学ばざれば則ち殆(あや)うし

ー学而不思則罔、思而不学則殆ー   論語
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

 

{原文}
学而不思則罔、
思而不学則殆。

 

{書き下し文}
学びて思わざれば則(すなわ)ち罔(くら)し、
思いて学ばざれば則ち殆(あや)うし。

 

 

 

{意解}
耳に馴染みのある一文だろう。
「読書にのみふけって思考を怠ると、 知識が身につかない。
思考にのみふけって読書を怠ると、 主観的になる」である。  

 読むだけでは、理解が不十分で
生きた知識・知恵として役立たない。

 「無知は罪である」 最近よく耳にする言葉である。
きつい言葉に思えるが、
知らないことで、周りに迷惑をかけたり、
傷つけたりする事を考えれば、
やはり罪の領域に入るのであろう。 が、

知っていても ”生きた知識 ”として身につけ、
役立てなければ 「無知」と等しいだろう。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools